menu_button menu_button

Message 代表挨拶

代表取締役社長 清田 茂

仕事を遊びのように楽しむ
私たちのコーポレートカルチャーは
『好きなこと』を仕事にする、仕事を極めて『好きになる』です。
         
なぜなら、仕事が『好きなこと』であれば、
働くことそのものが面白くなり、夢中になって楽しめるからです。
例えば、ボーリングが得意な人はボーリングが好きだし、
歌が上手な人はカラオケが好きです。
その人が得意なことは、『好きなこと』である場合が大半です。
そこには周りからの評価や称賛があり、
自己価値が高められるからではないでしょうか。
逆に、嫌いなことは大抵の人が下手だったり、苦手だったりします。
つまり出来ることは『好きなこと』だし、
出来ないことは『嫌いなこと』になります。
この様に、もともと得意なことや『好きなこと』を
職業にできればベストだと思います。

しかし、そうではない場合や、
自分は何が好きなのか分からない人も多くいると思います。
では、その場合はどうすればいいでしょうか?
その答えは、工夫や変化を加えながら能動的に働き、
早い段階で一定レベルまで職業を極めることです。
例えば仕事をする際に、自らタイムトライやルールを楽しみながら考え、
成功すれば自分にご褒美をあげるのです。
そうやってゲーム感覚で前向きに仕事をこなしていく事で、
気がつけばできる事が増え、色々な業務を知ることができます。
職業を極めることで幅が広がり、
ワンランク上の仕事や体験をするチャンスが出来ます。
それが、周りからの評価や称賛であり、
自己価値が高められる事で仕事が楽しくなり『好きになる』のです。

勿論、仕事=『好きなこと』にする事を、無理にする必要は全くありません。
私たちは限られた時間の中で人生を送っています。
年齢に関係なく、何歳まで生きられるという保証は誰にもありません。
だからこそ、今この瞬間を楽しむことは、全ての人にとって必須なのです。

そして、その中でも特に多くの時間を費やす
仕事を遊びのように夢中になって楽しむことができれば、
とてもhappyなことだと思います。